HPも見てみよう!

ちーさんってどんなことをしているの?そう思われた方はこちらをクリック!

HPへ

子ども靴!〇〇を意識した選び方で子どもの未来が変わる!人生が豊かになる⁉︎

子どもの足育

「子どもの靴選びってよくわからない」正直ありませんか?

値段や子供が気に入った靴?アンパンマン?プリンセス?

この記事は、値段やキャラクター、メーカー以外の選び方を知らない親御さんにオススメの記事です。

今までにはない子供靴の選びの観点を紹介!

実は、ヨーロッパでは当たり前のことが、日本では全く浸透していません。背景には親の私たちが下駄や草履文化と靴文化を混同している背景があります。ぜひ最後までお読み頂き、大切な子供たちの将来につなげる靴選びに活かしていただけたらと思います

身体に影響する重要アイテム『靴』

子どもの靴をどのように選んでいますか?

デザイン?価格?ブランド?流行?着脱のしやすさ?

確かにこういった選び方もあります。

ただ、この観点では『子供の成長を発達をサポート』する靴との出会いは難しいです。では、どういう観点が必要なのでしょうか?

☝️子供の成長や発達をサポートする靴を選ぶ視点
ー足との適合
ーサイズ
ー品質
ー機能
ー履き方

各項目、追って丁寧に解説したいと思います。

今回は、子供の靴選びを立ち止まってみましょう。また、履き方はこれまでの記事を参考にしていただけると、わかりやすいのでよかったらリンク貼っておきます。大人も子供も大切な『踵トントン ギュ』です。

子ども靴の目的

しっかりしていますね!

子供の靴も大人の靴も足を外傷から守ることはご存知かと思います。実は、子供の靴には他にも目的があります。

子供の靴なんかすぐにサイズアウトするし何を履いたってたいした変わりはないでしょう。

そう思われやすいのが子ども靴。

すぐにサイズアウトする成長期だからこそ、靴が必要な機能を備えていれば足トラブルを回避できることが実は沢山あるんです!

目的1)子どもの足の成長発達をサポート
目的2)子どもの足トラブルの予防と早期発見
子どもの足は、大人のように骨が出来上がっておらず形成途中なんです。そのため、より良い成長と発達を促すには、足をどのような入れ物(靴)にどんな風に身につける(履くか)がとても重要であり、影響してきます。
 
例えば、
足元が安定している積み木と、不安定な積み木
どちらが高く安定して積み上げられますか?

足部(足)の上に脚、骨盤、背骨、肩甲骨、脛骨、頭蓋骨と乗っかっています。足が歪んでいたらその上に乗ってるものも歪みながらバランスを取らざるをえないのです。結果、内臓の働きや運動機能にも影響を及ぼす危険性に⁈
 
「足のトラブル」に気づくことなくそのまま成長してしまうことも少なくありません。
専門家による靴の適合は、足のスクリーニングも行えますので早期発見早期対応につながります。
 
大人になってから対応できないわけではありませんが、子供の時に比べると時間とお金を必要となったり、軽快が難しくなることが少なくありません。

靴を変えたら

ヨチヨチと歩き始めの子ども。フラフラとおぼつかない足取りで歩き始めます。手を広げ、脇を上げ、足も広げて一生懸命バランスを取る姿はなんとも愛らしいものです。

しかし、すぐに「抱っこ」と言って歩きたがらないお子さん。

 

パパやママは

お散歩嫌いなのかな?」「甘えん坊さん」そう感じているかもしれません。

 

しかし、靴をきちんとフィッティングして

そのお子さんの足に必要な機能を備えた靴に変えて履いてもらうと・・・👀⁉️

 

ご機嫌で歩くんです!!!

 

それだけでなく、靴を変える前に比べて歩く姿も安定感が増しヨチヨチしながらも揺れが小さくなったり

一歩がしっかり前に出せるようになったり

転ばなくなったり

かけっこが速くなったり

 

全て事実。

沢山のお子さんが靴を変えたら変わった⁉︎という事実。もちろん、靴を変えたら全てが解決するわけではありません。しかし、こういった事実が沢山あることを知っていると、選択ができます。

結論

子どもにとって靴は成長発達をサポートする、身体に影響する重要アイテムです。

ただ、その重要アイテムとしてどんな機能を備えていると良いのか、自分のお子さんにとって適合する靴ってどんな靴なのか?

今回はそんな疑問を持っていただけたら大きな一歩を踏み出したと言えます。

デザインや値段、ブランド、色・・・。

選び方はそれだけではありません。お子さんの「成長や発達をサポートする靴」、なによりもの愛情を感じる選び方があるのです。お子さんが70歳になった時、きっと感謝する。ひとつの愛の示し方といえます。

まとめ

靴をどう選ぶかは目的によって変化します。TPOによってその日履く靴も選ぶ必要性もあります。

もし、「身体に影響する重要アイテム」として捉えたことがなかったら、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。大人でもとても歩きやすくなって疲れにくくなります。

子どもは『食育』といってバランスの良く栄養価の高い食事が推奨されますね。

足も同様です。『足育』

靴だけでなく、運動なども含めて足を大切に育てる足育になります。大人はきちんと考えて教えてあげる役割があります。ちなみにですが、私たち大人の多くはその経験をしていませんので、知っていただくきっかけになったら嬉しいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました( ^ω^ )!

感謝の気持ちを忘れずに、こころ豊かに人生を生き切りたいし、いつでも会いたい人に会いに行ける体でいたい。

でも、もし足にトラブルがあったら?願いは願いのまま・・・かも。なので、このブログを通して1人でも多くの方と一緒に実現できたら嬉しいです‼︎

引き続き当ブログをお読みいただけたら飛んで喜びます♪

🦶サロンやセミナーも随時開催中。コメントやご感想、お問い合わせもなどもお待ちしております❤︎

さらに詳しい内容はこちらのHPまで

♦︎ちーさん本名:木嶋千枝(きじまちえ)

♦︎資格:正看護師・日本慢性疾患看護専門看護師・日本認定心理士・日本糖尿病療養指導士

♦︎現職:Abeby代表/大誠会内田病院非常勤/群馬大学大院非常勤講師/高崎市医師会看護学校非常勤講師

群馬大学臨床教授・日本慢性看護学会評議委員・日本糖尿病教育看護学会研究査読委員

◉ぐんま足人の会発起人/JAGSS(日独小児靴学研究会受講修了

◉地域の出前講座(高齢者向け・ママ向け)なども大好評でリピートいただいています😃

今日という日がいい1日でありますように!

今日という日がいい1日でありますように!

最後までお読みいただきましてありがとうございました( ^ω^ )!

感謝の気持ちを忘れずに、こころ豊かに人生を生き切りたいし、いつでも会いたい人に会いに行ける体でいたい。

でも、もし足にトラブルがあったら?願いは願いのまま・・・かも。なので、このブログを通して1人でも多くの方と一緒に実現できたら嬉しいです‼︎

引き続き当ブログをお読みいただけたら飛んで喜びます♪

🦶サロンやセミナーも随時開催中。コメントやご感想、お問い合わせもなどもお待ちしております❤︎

さらに詳しい内容はこちらのHPまで

♦︎ちーさん本名:木嶋千枝(きじまちえ)

♦︎資格:正看護師・日本慢性疾患看護専門看護師・日本認定心理士・日本糖尿病療養指導士

♦︎現職:Abeby代表/大誠会内田病院非常勤/群馬大学大院非常勤講師/高崎市医師会看護学校非常勤講師

群馬大学臨床教授・日本慢性看護学会評議委員・日本糖尿病教育看護学会研究査読委員

◉ぐんま足人の会発起人/JAGSS(日独小児靴学研究会受講修了

◉地域の出前講座(高齢者向け・ママ向け)なども大好評でリピートいただいています😃

今日という日がいい1日でありますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました